趣味の総合サイト ホビダス
 

Bali Surf Trip Report Pt.2

Day 4
この日は日本から知人達が合流
アモ、カッちゃん、合流した知人4人、私、全員で7人行動~
相変わらず風が強く…スミニャックのビーチをチェックするも全くダメ
で、ウルワツ方面へ行く事に
途中のバランガンをチェックすると、凄いセット(頭半~ダブル位?)が入ってきて一同みんな焦る

「あんな波怖い」「無理~」etc
でも、よくよくチェックしていると、セット間隔は滅茶苦茶長くて鬼セットもごくたまに
スーパーレフトだけど、まぁたまにはガッチリとグーフィー攻めるのも悪くないやと思い入水
セットさえ乗らなければ、意外と緩くて楽しいレフト
あんなにレフト大嫌いだったのに、最近やたらとグーフィー攻めたがり
バランガン、初めて入ったけど、千葉北の最北端の崖下みたいなロケーションで
丘の上からブレイク全体が見渡せて最高の景色

ビーチ沿いのワルンにはヨーロピアンも沢山居て、運良ければ昼間からヌーディストビーチになるそうな(笑)
あ、潮が引いた時にビックリしたんだけど、ボトムはゴリゴリのリーフでした…

夜ご飯はみんなでシーフードやチキンなどを手軽なワルンで

レッドスナッパーという鯛に似たお魚の揚げたやつが最高に美味しくて
違う味でワンモア追加!みたいな

Day 5
この日から急遽レンボンガン島へ1泊決定
人数が少なかったのでチャーター船ではなく、サヌールから出航しているパブリック船で約30分

チャーターよりも速い(笑)

ホテルにチェックインすると、水もシャワーも出ない(>_<)
慌ててスタッフに来て貰うと、電気トラブルで2Fまで水上がってきてないね~だって
速攻業者が来て修理してくれてありがたや~!

潮の関係で昼過ぎまでゆっくりして、シップレックで入水
セット胸~頭オーバー(まれに頭半?)
大好きなシップレックの波
テイクオフでいきなりホレ、そのままガッチガチのフェイス
潮が引き過ぎると、インサイドはガリガリガリクソンのリーフで足切りますので要注意
いやぁ~、人は多かったけど凄い楽しい!!

Komangが沢山写真撮ってくれたよ~

夜はアモが魚を買ってきて捌いてくれ、お刺身とフライに

その他にも色々と
Big Waveのセットは1時間入りっぱなしで
私が買っていったウィスキーみんなで飲みつつセット喰らって失神したわ~(笑)

Day 6
朝から船で20分位のチュニガンへ
ここは一昨年ダブルオーバーで嫌と言うほど思い知らされたスーパーレフト
リベンジ!と言いたいところだけど、この日は波小さかった~

腰~肩位かな
今回は余裕~(^^)

船に乗ってポイントの手前に差し掛かった時にイルカの大群に遭遇

本当にラッキー

昼までチュニガンで、一旦ホテル戻って速攻でお昼ご飯食べてまたシップレックへ
船の出航の時間があるので1時間半だけのセッションだったけど
乗りまくりでこれまた楽しかった
レンボンガンは本当に水が綺麗
テイクオフして下見たらリーフすっけ透けだからね

で、出航直前でトラブル発生
フランス人のグループの1人の名前がコンフォームされていなくて
本人はお金は絶対払ったと言い張り、その嫁もギャーギャー騒ぎ出し
でもバリニーズは1回船から降りろ、コンフォーム無いんだからとお互い譲らず
私の隣に座っていた中国人の女の子は20時過ぎのデンパサールからの飛行機に乗らないと帰れないと言いだし
20-30分揉めて、今度はバリニーズがブチ切れ船の運転ボイコット
中指立ててKill you!って言ってたからね…
えぇぇぇぇぇ、そんなまさかの展開~!
フランス人達は大騒ぎ、中国人は今にも泣きそう
結局、最終的にはバリニーズが折れて船は出航したんだけどね
それにしてもフランス女性、すっごい強い、完全にみんなドン引き(苦笑)

クタに戻り、夜ご飯は波乗り鹿嶋グループの末っ子Uちゃんの生存を確認すべく
Uちゃんとまたまた在バリの同級生と天壇で焼き肉
お肉にサンチュにキムチ、まさかのバリで初Korean BBQ
久し振りに韓国焼酎も飲み、食べ、喋り倒し楽しい1晩だったね

Day 7
この日は波炸裂~!
よって、ちょっとでもウネリを避けられるサヌール方面へ

ハイアットリーフに到着するも、正面に見えるブレイクはダブルオーバー
ガイドによると、カレントが相当激しいらしく「ずっとパドルよ」と言われる…
ここで私は何故かチキンになった…
ずっとパドルでテイクオフはダブルオーバー、怪我したくないなぁ…
すると、違うガイドが「1番右奥はイージーよ!」「じゃあ、そっちで入る!」ってなった
初めて入るハイアットリーフ、深さも分からないけど見る限り結構浅い
3発目位かな?乗ってうっかりワイプアウトした際に、パーンとリーシュが外れる感覚があった
え、マジ?リーシュ切れた?
まずは心を落ち着かせて流れていく板を追いかける
昔取った杵柄、ジュニアオリンピック養成コースの泳ぎで猛烈に泳ぎ(ここ数年で1番早いクロール!!)
何とか板に辿り着き、次はリーシュチェック
何だ、切れてない、ただマジックテープが外れただけだった、最悪の事態は免れた~
また黙々と乗りまくる
すると、ガイドがインサイドの方から「こっちの方が長く乗れる良い波くるよ~」
そっちに行ってみると、確かにブレイク完璧なスーパーレフトで長く乗れる
というか、人生で1番長いグーフィーに乗れた
そこは波が炸裂していないとブレイクしないポイントだそうな
そんな波に乗れてラッキーだったなぁ~
ワルンに戻ると、目頭をノーズでカットした人、リーフで足を切った人、自分の板を頭にヒットさせた人etc(苦笑)
けど、ちょっと心の中ではダブルオーバーにもチャレンジしたかったなぁなんて思った
ただ、リーシュの1件を考えると、私の選択肢はあながち間違っていなかったのかもしれない

お昼ご飯はバビグリン!

ホテルに戻って速攻パッキング→チェックアウト
そして、日本から到着した友人達と合流して時間無いながらもバリで乾杯~

もっと遊んでいたかったなぁ…と思いつつ、帰路の飛行機にチェックイン
かなりボーディングが遅れて、深夜のゲート構内はカオス状態になっていたけど
幸運ながらに後ろのシートで真ん中3席ゲット
ウィスキーソーダ頼んだけど、飲んでる途中で寝ちゃった…気が付けば成田
到着したは良いが、機内に具合悪い方が居て安全保安官が機内に入るという事態に
まぁ、デング熱流行ってますからね…しょうがないよね…

今回のバリは季節柄、やはり風に左右されてしまう日が多かったけど
ノーサーフの日が無かっただけマシだったかもね
次回は風が無い時期に行こっと!!
Terima kasih!!

コメントをどうぞ

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">